2012年8月13日月曜日

The Cats & The Fiddle / I Miss You So

 The Cats & The Fiddle / I Miss You So
Jumpin' jiveファン、swingファン、 そしてリンディーホッパーなら知らない人はいないであろうバンドキャッツ&ザ・フィドルのレコードをやっと入手しました。
名前は知らなくても思わず踊り出したくなるような曲を聴けば必ずあ〜、あれねっ!
って納得するバンドです。
日本でもリュージ&ホット・クラブやバロンくん、その他多数のミュージシャンがカバーしています。
1976 RCA Records AXM2-5531

この2枚組のアナログは彼らの唯一のLPレコードで(多分)ネットでみかけても大体6000円〜10000円の値段がついていて、それでもsold outになっている場合が多いです。

内容は、1枚目のレコードが1939年に録音された曲で構成されていて、
A面の一曲目の "GANG BUSTERS"から "MR.THYTHM MAN" "WE CATS WILL SWING FOR YOU" などなどお馴染みの曲が満載。

ライナーによると、1939年、彼らはシカゴの有名ブルースギタリスト、タンパ・レッド(Tampa Red)の紹介でRCAのレースレコード(race records)担当のレスター・メルローズと知り合ってデビューしたらしい。
バンドリーダーはAustin Powellで彼が殆どの曲を歌って、かなりの曲を作っている。
他のメンバーは、ギターのJimmie Henderson、ベールはChuck Barksdale, ティップルという楽器(10弦ギター?)で主なギターソロを担当するErnie Priceの4人組。
しかし4人でここまでリズミックでポップでタイトなビートが醸し出せるのがホントに凄い。

2枚目は1940年〜41年の曲で構成されていて、この時期のメンバーは、
 ギターのJimmie Hendersonの急死の後をうけて、1940年にHebie Milesが加入し数曲録音。
1941年には、ギターはかのLloyd "Tiny" Grimesに交代。
Tiny Grimesの作った小粋なバラード "I'LL ALWAYS LOVE YOU JUST THE SAME"は
菊地成孔氏も"HOT HOUSE"でカバーされています。

詳細はこの裏ジャケットのデータをご参考ください。














そしてこちらはメンバーの写真。
下がオリジナルメンバー。













バンドは、アメリカが第二次世界大戦に参戦して、リーダーのAustin Powellが徴兵されてたことから自然に消滅することになる。

戦争から戻って、Austin Powellはブルックリンでジャズコンボを率いて1960年代まで
音楽活動を続けていたようだが、jazzの表舞台からは遠ざかっていったようだ。

以上は、レコードのライナーから拾って紹介してみました。

このタイプのバンドは1930年代中期には沢山いたそうなんですが、
音源として残っていて、ここまでのクウォリティーとポップ感のあるバンドは、
今のところ、先輩格にあたる Teddy Bannを擁する"Spirits of Rhythm" 。(後期にはLeo Watsonも参加)と"Slim & Slam" くらいしか思い当たらない。

以下はThe Cats & The Fiddleの曲で踊っているリンディーホップのパフォーマンス映像です。
こちらは "WHEN I GROW TOO OLD TO DREAM"で踊るDax & Aliceの素晴らしいパフォーマンスです。



こちらは私達がとりあげた(手前味噌ですみません) "MR.RHYTHM MAN"でのパフォーマンスです。



2010年7月26日月曜日

Fats Waller / THE GREAT FATS WALLER

スイングにはまって約7年と少し経った今、もしスイングをあまり知らない人からどういう音源を買えばいいか聞かれたとしたら、間違いなくこのファッツ・ウォーラーを勧めるでしょう。
 私にとって、ピアニストで作曲家で歌手である彼こそが、スイングそのものなのです。
とってもキャッチーなメロディーに、ちょっと愉快で陽気なテイストのヴォーカル、強力なリズムを作り出すピアノとエネルギッシュな演奏、これは踊る以外にないでしょう。そう、基本スイングはダンスミュージックなのです。

名前の通り太っちょな彼には面白い逸話が沢山あるようです。
外見からもわかるように、とにかく陽気に飲んで騒ぐのが好きだったらしく、気前もよくて
お金がなくなると安いお金で曲を売っていたという話も読んだ事があります。
クラシックにも造詣が深く、クラックの演奏も出来たそうなのですが、
誰もそういう演奏を望んでないという事で残念がっていたという話も読んだ事があります。
そんな彼は1943年、39歳で列車の中で亡くなりました。

さて、彼がレコーディングした曲は膨大な数があり、500曲以上と言われています。
レコードを買えども買えども知らない曲が出てくるし、そのほとんどの曲に外れがないのが凄い。

ここに紹介するのは、『RCAジャズ栄光の遺産シリーズー5/ジャズの巨人・ファッツ・ウォーラー』という日本盤の5枚組です。
油井正一・栗林政昭・大和 明・監修 のコンピレーションなのですが、選曲も内容も素晴らしいです。何より日本語の解説、それも曲の感想とかではなく、しっかりしたデータが載っているので大変勉強になるし面白いです。
現在、リンディーホップ(1920年代後半にハーレムで生まれたペアダンス、スイングダンスとも呼ぶ)のコンテストで使われている曲など、このレコードには沢山入っています。
Twenty-Four Robbers,Buckin' Dice,Cross Patch,It's a Sin to Tell a Lie,等々、、、。

record-1
side-1
1.AIN'T MISBEHAVIN'
2.DO ME A FAVOR
3.YOU'RE NOT THE ONLY OYSTER IT THE STEW
4.CLOTHES LINE BALLET
5.ALLIGATOR CRAWL
6.I'M A HUNDRED PER CENT. FOR YOU
7.BABY BROWN
8.NIGHT WING
side-2
1.ROSETTA
2.I'M GONNA SIT RIGHT DOWN AND WRITE MYSELF A LETTER
3.DINAH
4.YOU'RE THE PICTURE
5.YOU'RE SO DARN CHARMING
6.WOE !  IS ME
7.A LITTLE BIT INDEPENDENT
8.YOU STAYED AWAY TOO LONG

record-2
side-1
1.FUNCTIONIZIN'
2.WEST WING
3.THAT NEVER-TO-BE-FORGOTTEN NIGHT
4.CHRISTOPHER COLUMBUS
5.CROSS PATCH
6.IT'S A SIN TO TELL A LIE
7.BIG CHIEF DE SOTA
8.BLACK RASPBERRY JAM
side-2
1.LATCH ON
2.S'POOSIN'
3.COPPER COLORED GAL
4.SWINGIN' THEM JINGLE BELLS
5.A THYME FOR LOVE
6.THE LOVE BUG WILL BITE YOU
7.HONEYSUCKLE ROSE
8.DON'T YOU KNOW RO DON'T YOU CARE ?

record-3
side-1
1.BLUE,TURNING GREY OVER YOU
2.KEEPIN' OUT OF MISCHIEF NOW
3.STARDUST
4.I'M ALWAYS IN THE MOOD FOR YOU
5.MORE POWER TO YOU
6.A HOPELESS LOVE AFFAIR
7.JEALOUS OF ME
8.NEGLECTED
side-2
1.WHY HAWAIIANS SING ALOHA ?
2.THE SHEIK OF ARABY
3.ON THE BUMPY ROAD TO LOVE
4.WE,THE PEOPLE
5.TWO SLEEPY PEOPLE
6.YACHT CLUB SWING
7.LOVE,I'D GIVE MY LIFE FOR YOU
8.THE SPIDER AND THE FLY

record-4
side-1
1.GOOD FOR NOTHIN' BUT LOVE
2.STEP UP AND SHAKE MY HAND
3.UNDECIDED
4.WAIT AND SEE
5.WHAT A PRETTY MISS
6.SQUEEZE ME
7.BLESS YOU
8.SUITCASE SUSIE
side-2
1.THE DARKTOWN STRUTTERS' BALL
2.SWINGA-DILLA STREET
3.MIGHTY FINE
4.OLD GRAND-DAD
5.FAT AND GREESY
6.DRY BONES
7.FATS WALLER'S ORIGINAL E FLAT BLUES
8.EVERYBODY LOVES MY BABY

record-5
side-1
1.'TAIN'T NOBODY'S BIZ-NESS IF I DO
2.LIVER LIP JONES
3.BUCKIN' THE DICE
4.DO YOU HAVE TO GO ?
5.ALL THAT MEAT AND NO POTATOES
6.CAROLINA SHOUT
7.TWENTY-FOUR ROBBERS
8.HEADLINES IN THE NEWS
side-2
1.CHANT OF THE GROOVE
2.BUCK JUMPIN'
3.CLARINET MARMALADE
4.WINTER WEATHER
5.DON'T GIVE E THAT JIVE
6.THE JITTERBUG WALTZ
7.BY THE LIGHT OF THE SILVERY MOON
8.SWING OUT TO VICTORY

2010年7月25日日曜日

Louis Prima / Together

Louis Prima / Together (Dot records 1960)
私がスイングにはまるきっかけになったのがこのレコード。
このレコードと出会わなければ、ここまでスイングにはまることはなかったでしょう。

ルイ・プリマと言えば、その独自のだみ声とトランペット、当時の奥さんのキーリー・スミスとのおしどりデュオで5〜60年代ラスベガスで大人気のアーティストでした。
残念ながら日本での一般的な知名度は今ひとつ。
実際私もこのレコードをジャケ買いするまでは知りませんでした。
しかし知れば知るほど、彼はスイング界でも重要人物で、実際ベニー・グッドマンの名演で有名な『シング・シング・シング』(曲を聴けば誰でも知ってると思います)は彼の作曲でした。

ほかにも彼が歌った『ジャスト・ア・ジゴロ』も有名です。
1998年にGAPが彼の曲"JUMP,JIVE,AN'WAIL"を起用して、リンディーホップを絡めた面白いCMを作りました。そして、この1998年あたりからネオ・スイングブームが起こりました。



彼の話はまた別の機会にすることにして、このアルバムの話に戻りますと、

内容はスタンダードを中心とした軽妙なアレンジのリラックスしたアルバムです。
演奏も彼らがいつもやっている生演奏に近いかんじでシンプル,というかシンプルすぎ。
そこがまた親しみやすくて、聴けば聴くほど好きになっていきました。
ルイ・プリマのおふざけ感とキーリーのまじめさのギャップが面白いので、デュオもしくはルイだけの
曲はいいのですが、キーリーのソロだと少し物足りない感じは否めません。
実際のステージもサックスのサム・ブテラを絡めつつ、まじめな奥さんにはしゃぐルイって感じの
ステージだったようです。



side-1

1.Together
2.Paradise
3.Teach Me Tonight
4.The Pussy Cat Song
5.They Can't Take That Away From Me
6.I Can't Give You Anything But Love


side-2

1.When My Baby Smiles At Me
2.Let's Get Away From it
3.Mashuga
4.Let's Call Whole Thing Off
5.Mutual Admiration Society
6.Begin The Beguine


録音:1960年